ハレときどき微少女

おはようコスモポリタン

駒場祭テーマソング候補曲を聴いてみた【前編】

f:id:zlod:20170908151448p:plain

 

秋だ。

 

「夏は、暑い」

 

というセリフを耳にすれば、丸メガネの冴えないヴォーカルがパッと脳裏に浮かぶのは、きっと、僕だけじゃないだろう。

 

じゃ、秋は?

 

「秋は、涼しい」…かな?

なんだか、しっくりこないな。ま、どうでもいいや。

 

今日は駒場祭テーマソングの候補曲を聴いて思ったことをつらつら書いていく。

※あくまでも個人の感想です

 

下のリンクで視聴・投票ができるらしい。(投票は9/10まで)

 

↓↓↓↓

テーマソングについて | 第68回駒場祭

↑↑↑↑

 

 1 Anatomia  「Ourchestra!」

youtu.be

王道中の王道という感じの曲。口ずさみやすいキャッチーなメロディーと疾走感。

「キャッチーな」はメロディーだけを修飾してる、と考えてください。

疾走感ってだいたいキャッチーだし

 

イントロめっちゃいい。このイントロはみんな好きでしょ。給食でいうと揚げパンみたいなイントロだと思う

 

「銀杏と舞うユーフォリア」って歌詞好き。「銀杏」とか「銀杏並木」って使うと駒場祭意識しすぎてる感じがしてダサいな、と思ってたんだけど、これなら全然ダサくない

 

 

 

 2  HABITABLE ZONE  「きっと」

youtu.be

どことなく、90年代後半~00年代のバンドシーンを彷彿とさせるようなイントロ。スーパーカー思い出した。軽快なシンセとクリーンギターが耳にうれしい。

 

メロディーめちゃくちゃポップだし、歌詞もテーマが一貫してて、シンプルにいい曲だな、と思った。

 

 

 Aメロ・Bメロのボーカルはもっとがっつりエフェクトかかってる方が個人的には好きです。

男女デュエットで聴いてみたい曲だな、と思った。やっぱ、大冒険するならヒロインがいた方がいいと思うし

 

 3  Shepard tone  「harmony」

youtu.be

ヴォーカルがボーカロイド。正統派ギターロックという趣。とにかくエモい

 

ボカロでもこのエモさ、生声になったらどんだけエモいんだろう。わくわくしますね

僕の脳内では、アルカラの稲村さんで再生されてる

 

 

歌詞の指定語句に「おと」「かさなる」がある時点で、タイトルの「ハーモニー」被りは予定調和みたいなところがある。仕方ない

 

 

 

 4  TOKKS  「Symphonize」

youtu.be

女性ヴォーカルに男性コーラス。「ハーモニー」被りと同じで、「シンフォニー」被りもあるかな、と思ったけど大丈夫だった。メロディー覚えやすい

 

女性ヴォーカルでサビスタートの曲を聴くと、どうしてもイントロにストリングスが欲しくなってしまう。

 

 

歌詞でドレミドレミって入ってると、一瞬たまげるけど、それはそれでアリだと思う。楽しそうに演奏してる姿がぼやーっと頭に浮かんだ

 

 5  Jenny in the Iceland  「祭りにて」

youtu.be

FACT好きなのかな、と思った。曲の長さとかドラムのビート感とか。

ヴォーカルの方の声が優しくて、アップテンポなんだけど独特の浮遊感がある。

 

歌詞めっちゃ好き。「お祭り騒ぎの爆心地」とか

 

クラップとかコーラスがもっとガンガン入ってる方が個人的には好きです

ライブで客を飛ばせるのにはもってこいの曲だと思った

 

 前半以上です。後半は次の記事でやるんで、暇な方はそっちもチェックしてみてください

再掲。下記のリンクで投票受付中です。気に入ったのがあったらポチポチしましょう!(投票は9月10日までです)

 

↓↓↓↓

テーマソングについて | 第68回駒場祭

↑↑↑↑